言い訳をするとですね。

ブログのこと忘れてた訳じゃないんです。
(※追記あり


そうなんです何度も何度も書こうと思ったんです
でもかけなかったんです。

なんかネタも特になくて、でもなんかとりあえず書かなきゃ
で下書きもあったんです。
でも書けなかったんです。
消えたり、消したり、ラジバンダリ(古いね
まぁいろいろあったりは、したのよ
精魂尽き果てるくらい頑張った1日とか
今月給料大丈夫かと心配してたら余裕だったとか
バイト先での良いあれこれ、悪いあれこれとか
そりゃあなんなとあるさ生きてるんだし、人間相手にしてるんだから
でもあるじゃん?書いていいことと悪いこと
それをね考えると書けないのよ。
難しいよね、確信に触れるとこを隠しつつことのあらましを書くなんてあー難しいあー難しい
そんなわけでね書けなかったのよ


・・・
まぁ・・・これで?
何が言いたいか・・・って言うと・・・


「言い訳なんて許されないよね☆(イラッ」


ごめんなさい


追記

ここからちょっと真面目気味な話気なるけど、

「学生は経過、社会人は結果が大切」ってよく言うよね
実際社会人やってみて思ったけど、そんなことなくて自分的に思ったのは

社会人は経過も結果も大切

ってな感じかな
もちろん結果が出るのが大前提で、その経過それに至るまでの経緯がどういったものが見られてる
例えば、
A「答え丸写しで課題やりました」
B「自分の力で課題をやりました」
AとBの結果は「課題をやった」と同じですが、そこでテストをすると・・・
そこなんですよね
社会人になるとやったことは身につけなきゃやってないのと同じにされちゃうんですよね

だからね
幾ら言い訳しようが、幾ら遅れてようが、
結果できてなければ、できてない
経過をどれだけやっても結果がでなければ、やってない
結果がでても中身が無ければ、次が無い
中身と結果が伴って初めて周りから評価されるんです。

ただ、それも「理不尽だわ」と思い込んで諦めてしまうのも精神によろしくないし、楽しくない
そういう時こそ、ポジティブに考えたらいいんじゃないかと思う。

結果がでなくても、「あれは良かったな」ということを見つけ
結果は出たけど中身が伴ってないんだったら、より良い中身を作るチャンスができた
経過を頑張って結果が出なかったとしたら、それに対して頑張ることはできたという自信をもって

何でもそうだと思う
ネガティブに考えるのかポジティブに考えるのかで、人生大きく変わるんじゃないかなって
端から見てあいつは「ちゃらんぽらんでいつもへらへら笑ってる」って思われたら最高だなって
そう思わせとけば、やってやった時に「あいつやるやん」ってなるからね!

何が言いたかったのかもうまとまりもないけど
ポジティブに中身の伴う結果を残しましょう!ってことですな  以上!

そいでは長くなったけど、アディオス!
2017/07/05 | 22:35
忘却記事コメント:0
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Copyright © カラス丼 時々 更科 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?