縁の下の力持ち(TCG初心者のためのコラム)

ドローの重要さ



どんなトレーディングカードゲームでも必要なのがドローすること
これがないことには始まらない(ルールによって例外はあると思いますが)

でまぁルールを詳しく知ってるのはDMなんですけども
まぁプレイできるくらいに知ってるのが遊戯王とMTG
とカードゲームに精通しているというわけではないのですが

誰でもわかってるようで分かっていない人もいる
ドローの重要さ

遊戯王で今天使の施し、強欲な壺が禁止になっています
なぜか天使の施しは3枚ドローし2枚手札を捨てる
普通に使えばアドバンテージはないのですが
墓地利用のデッキならアドバンテージが生まれます
例えばダークネクロフィア
こいつは墓地にある闇属性のモンスターカードを除外して特殊召喚するカード
こうすれば1ターンに2体のモンスターを出すことも可能ですし
こいつを生贄にして上級モンスター召喚も可能です

とドローもしてさらに特殊召喚もできるという
悪行三昧(ぇ
さらに最近では別のカードでも墓地がカギとなるデッキもあるようで
やはり天使の施しは強いカード言えます
普通に使っても3ターンデッキを早く掘り進めることにもなりますし

強欲な壺
こいつの強さは言わずもがな
ノーリスクで2枚ドローはどう考えても強すぎる
禁止で当たり前ですね

ちょっと前まで強欲な瓶も禁止だったのですが
最近こちらは3積みできるそうです
(1ドロー+罠と壺の完全下位ですがそれでも強いです)

DMでは
はじめに殿堂入りしたほとんどがドローカード
サイバー・ブレイン
アストラル・リーフ
エメラル
ストリーミング・シェイパー
ディープ・オペレーション

とドローカードがいかに強いかを物語っております

MTGでも手札が多いというだけでゲームの主導権を握れるという場面も出てきてますし
(結局主人公が逆転勝ちするんですけどね)

と、ここでなぜドローが強いのか
説明しておきます



・選択肢の増加

ドローをすることにより手札が増えることで
選択肢が増える
選択肢が増えればその時に最も適した行動をとることが可能なので
多ければ多いに越したことはないのです



・デッキの回転

例えば「ボルメテウス・武者・ドラゴン」を使いたい
でもただ運任せにしているだけなら
DMの場合シールドと初めの手札を除いた30枚の中で4枚入れたとしても
確率論から7ターン待たないといけないことになります
そこでサイバーブレインを使えば3枚引くことができるので3ターン早く武者を引くことができる



・どんな状況でも使えるということ

スケルトンバイス
これは相手の手札を2枚落とすことができる優れものですが
相手の手札が2枚以上ないとアドバンテージはありません
これは"場合によって得するカード"なのですが、

サイバーブレインの場合はどうでしょうか
どんな状況下においてもこのカードを使えば2枚のアドバンテージを得ることができます
これは"絶対に得するカード"となるわけです


これらの事から
ドローすることがいかに大切か、解っていただけだでしょうか?
DMや遊戯王、MTGなどのTCGを始めるに至って
まずそのカードのルールを知ることは当然だと思います
その次に行うことはデッキ作りだと思います
その時はそのゲームにおいてより効率的で手軽なアドバンテージの取り方を知ってから
デッキ作りをしてみてはいかがでしょうか

アドバンテージをとることは最も重要なことであり、最も当たり前のことです
この最も当たり前のことをいかに効率よくできるかが勝敗の分け目であると思います


長くなりましたが
これで終わります
読んで頂きありがとうございました

ではまた会いましょう
さようなら
2008/06/19 | 23:43
雑記・雑談コメント:0
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Copyright © カラス丼 時々 更科 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?