適当に

適当
やっつけ仕事の意味なのか
適切に当たった意味なのか
わからないですね



まぁ大抵の場合適当はやっつけ仕事的な意味で使われますね
テストなどのときは適切という意味で。

こう最近は一つの言葉で二つの意味を成す言葉が多いですね
以前からあった言葉が意味が変わったなどもありますし

例えば「やばい」
本来「やばい」は危ないとか危険なときに使うものでしたが
今日(こんにち)ではいい意味で使われますね
「このケーキやばい!」など
一昔前なら
「このケーキメッチャうまい」
関西弁ではありますがこうなるはずです(標準語では凄くおいしいかな)

文化というものは年月が経つにつれて変わっていくものです
だからこそ安土桃山文化などと分けられているんですからね

さて今は環境問題が大きく掲げられ
「地球環境文化」
といっても過言ではないのではないのでしょうか

しかしそう呼ぶにはかなり弱い文化ではないのでしょうか
文化とはその時代の色や背景を濃く残しているものですが
今環境問題が大きく掲げられているにもかかわらず
国全体が、世界全体が徹底して環境問題に向き合っているのではなく
一部の国、一部の人たちしか向き合っていません
果たしてそれを文化にしてしまっても良いのか
この問題は難しく一概に答えを出すのは困難を極めるのではないでしょうか
自分はそう思います
中にはきっぱり白黒をつけれる人もいるでしょう
それも答えです
でも一つの答えではなく多種多様の答えがあるのです
だから答えを出すのは困難を極めるのです

ならば答えを求めて討論するのは無駄ではないのか
いえ、それは違うはずです
答えが出なくても討論することに意味があるのだと自分は思っています
討論は相手を向き合って自分の考えを相手に伝える
それに対して相手は反対意見や、疑問に思ったことを自分に伝える
それを聞いた自分はそれにさらに反論か疑問に答えます
この繰り返しですが、相手と話し合うことにこの人はこんなことを考えている
と、相手の色眼鏡を知ることが出来るのです
それは相手にも言えたことで自分の色眼鏡を知ってもらうことが出来る
そうすることで互いに理解しあうことが出来るようになる
最終的に答えは出なくても
こういう意見もあるああゆう意見もあるとあらゆる意見、色眼鏡を知ることが出来るのではないかと思っています

それこそが討論の最大にして一番気づきにくい意味なのではないのでしょうか


今思ったけど
俺は何を語っているんだ?
最近いつも心にDMじゃなくなってる
というかDM記事最近書いてないぞ・・・
大丈夫か俺・・・

ま、まぁ今日はこんなとこで終わりますか
ではまた会いましょう
さよなら~
2008/02/05 | 23:21
雑記・雑談コメント:0
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Copyright © カラス丼 時々 更科 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?